振袖情報

  1. HOME
  2. 振袖情報
  3. 「品のある振袖」をお探しの方へ

2020年8月12日



「品のある振袖」をお探しの方へ

 

こんにちは! 小川屋スタッフの斎藤です。

 

この夏のオリンピックは残念ながら延期になってしまったので、オリンピック開催に向けて制作された振袖を見て楽しんでいます。

 

一般社団法人イマジンワンワールドによる『KIMONOプロジェクト』という企画で、全国から寄付金を募り、老舗着物・帯メーカーや着物作家に依頼して、213か国のイメージで振袖と帯を制作したそうです。各国大使館にも協力を仰いで制作された振袖は、デザインはもちろん品質・技術的にも素晴らしく、制作者の熱意と「おもてなし」の気持ちが伝わってきます。あらためて、着物という衣装の芸術性の高さに感動を覚えました。

 

さて、今回のテーマは「品のある振袖」についてです。大切なお嬢様の振袖には、お好みに合う色やデザインというだけでなく、上質で品良く着こなせるものを選びたいとお考えのことでしょう。

 

小川屋では、自信を持っておすすめできる「本格振袖」のみを廉価にてご提供しております。今回は、そんな小川屋の考える「上質で品の良い」振袖選びのポイントについてご紹介いたします。

 

 

上質で品格ある振袖とは?

やはり正絹(しょうけん)の振袖を

着物の上質さを決める第一のポイントは、何といっても「素材」です。着物の生地には、水に強く値段が手頃なポリエステル素材などが使用されることもありますが、質感や手触り、着心地などにおいて、正絹にかなう素材はありません。振袖は未婚女性の第一礼装ですので、やはり上質な正絹生地のものがおすすめです。

小川屋で取り扱っているのは、本格志向の正絹振袖ばかりですので、上質な振袖を安心してお選びいただけます。

 

一流メーカーや作家物の振袖はなぜ良いのか

振袖は、通常、「絵羽柄(えばがら)」といって縫い目をまたいで柄が繋がるようにデザインされます。衣桁(いこう)に掛けた状態の振袖は、まるで一幅の絵画のようです。一方で、着用した際に最も美しく見えるように柄付けを考える必要もあります。このように、振袖の制作には、前項で挙げた素材の良さはもちろん、高い技術と意匠性(デザイン性)も求められます。

 

一流着物メーカーは、長年受け継いできた独自の意匠技術を持っているという点で、他の追随を許しません。このような一流メーカーの振袖は、格調高い古典柄を中心に、品良くデザインされたものばかりです。また、作家物の振袖には、伝統に裏付けられた高い意匠性に加え、作家物特有の斬新さもあります。

 

ちなみに、冒頭でご紹介した「KIMONOプロジェクト」では、「日本国」をイメージした振袖の制作を「千總(ちそう)」という京都の老舗着物メーカーが担当しています。小川屋では、この「千總」を始めとして、一流の着物メーカーや作家による本格派振袖を数多く取り扱っております。

 

 

 

伝統の職人技

「友禅染め」、「絞り染め」、「金箔」や「刺繍」といった伝統的な柄付け・装飾技術が惜しみなく使用されている点も、振袖の上質さを決める大きなポイントとなります。貴重な職人技で丹精込めて制作された振袖は、間近で見るとその緻密さと美しさに目を奪われるはずです。なお、それぞれの伝統工芸技術については、こちらのページで詳しくご紹介しておりますので、ぜひご参照ください。

 

小川屋では、このような職人技をふんだんに使用した特選振袖を多数取り揃えておりますので、実物をご覧になりたい場合は、お気軽にスタッフにお問合せください。

 

>>一般社団法人イマジンワンワールドによる『KIMONOプロジェクト』

>>「日本国」のイメージの着物はこちら

 

 

 品良く着こなすにはコーディネートも重要!

 

小川屋では、素材、デザイン、技術のどれをとっても間違いのない本格派振袖を多数ご用意しておりますが、振袖を品良く着こなすためには、それだけでは足りないというのも事実です。

 

着物は、帯や、帯揚げ・帯締めなどの小物類とのコーディネート次第でがらりと印象が変わります。和装のコーディネートには、洋装の場合とは異なる視点が必要であり、これも一つの技術といえます。

 

小川屋には、和装のコーディネートに熟達したベテランスタッフが多数在籍しております。スタッフの振袖コーディネート技術につきましては、お客様よりたいへんご好評いただいており、口コミや紹介でご来店されるお客様も多数おられます。

また、スタッフは、常に着付けやコーディネートに関する知識と技術の向上にも努めておりますので、安心してご相談ください。

 

 

「良品を廉価で」が使命です

 

以上のように、「上質で品格ある」振袖のポイントを挙げてみますと、それなりのお値段になるのも致し方ない、とご承知いただけるかと思います。

 

とはいえ、ご安心ください。小川屋は創業145年の老舗呉服店として、独自のネットワークを生かした商品開発や直接仕入れを行っています。そのため、驚くほど上質な振袖を廉価でご提供することが可能となっています。

 

小川屋は長年にわたり地域に密着して営んできた呉服店として、地域の皆様に上質な振袖を廉価でお求めいただくことを使命と考えております。約300畳もの広さがある振袖売り場にて、本格振袖を多数取り揃えてお待ちしております。

 

 

 

振袖選びや成人式前撮りは、ぜひ《小川屋》にご相談ください。

小川屋ではウェブフォームでの「ご来店予約」を受け付けております。

24時間お申し込み可能です。

現在、お時間を3枠に限定し、お客様が重ならないようにしております。どうぞご協力のほどお願いいたします。

 

ご来店予約はこちら

 

 

—————————

群馬県前橋市にある老舗の着物・振袖専門店「小川屋」は、

前橋市、高崎市、伊勢崎市、渋川市、玉村町から毎年たくさんのお客様に振袖選びにお越しいただいております。

創業からまる145年。成人式の振袖や前撮り撮影のお手伝いを通じて、ご家族の皆様の幸せな瞬間に立ち会うことができるのがスタッフ一同の喜びです。

—————————

 

関連記事