五代目ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 継承展

2020年8月27日



継承展

 

こんばんは。五代目です!

 

昨日は、定休日でお休みの一日でした!

 

このところ、整形外科への通院や店内設備の点検など

 

何かしらの予定がある定休日ばかりだったので

 

久しぶりにのんびりと過ごす事が出来ました!

 

なので、今日は元気一杯と言いたいところでしたが

 

昨晩の雨の影響で、朝から蒸し暑さにやられました。。

 

40度近い猛暑日ほどの気温ではないのですが、

 

湿度が高いとジメジメした不快な暑さを感じます。。

 

そんな暑さの中、取引先とのアポやWEB作戦会議など

 

予定も多かったので、このジメジメは体力を奪います。。

 

全身麻酔の手術以来、体力の衰えを感じているので

 

結構しんどい一日でした。。。

 

とはいえ、まだまだ気力は十分!頭も働いています(笑)

 

今しばらく、涼しくなるのを待つしかないですね!

 

さて、8月も終わりに近づいてまいりました。

 

9月には「彩川会」という、一番大きな展示会を

 

昔から開催をしておりました。

 

わたくしが社長となり、この伝統ある彩川会を

 

「継承展」というタイトルに変更しました。

 

わたくしが小川屋を継承して、何をしたいのか?

 

大学を卒業し、右も左も分からない社会人一年目。

 

ある展示会にお越しになっていました人間国宝の先生、

 

とても小さな身体で、人間技とは思えないほど緻密で、

 

それでいて力強い、本当に心を奪われました。。。

 

以来、伝統工芸の素晴らしさに魅了されました。

 

日本の素晴らしい伝統工芸、技の継承なくして

 

きもの業界の未来はありません。

 

ならば、この日本の伝統美を伝え広める事が

 

わたくしの使命だと思っています。

 

その伝統工芸が引き継がれるのに必要な物は何か?

 

それは、時代に合ったセンスだと感じてます。

 

いくら技が良くても、センスが悪ければ売れません。

 

着たい!と思える物を作らなければ廃れます。

 

卓越したセンスを持ち、伝統工芸に新たな息吹を与え

 

新しいきものスタイルを生み出しているデザイナー、

 

森尻さんの作品こそ、継承展にふさわしい!

 

 

こちらの表紙も本人のデッサンを使わせてもらいました。

 

この案内状は商店街の仲間に製作してもらいました!

 

同年代でもあります森尻さんはセンスあるデザインを、

 

父親みたいな年上の職人さんの元へと何度も通って

 

指示をしながら、手仕事にこだわって作っています。

 

手仕事ですので決して安くはありません。

 

ですが、安くする為の妥協は一切ありません。

 

こだわり抜いた至極の作品ばかりです!

 

9月4日から8日、特別な5日間になります。

 

是非とも観にいらしてください!!

関連記事