振袖情報

  1. HOME
  2. 振袖情報
  3. 2020年最新 赤い振袖をおしゃれに着こなす

2020年8月26日



2020年最新 赤い振袖をおしゃれに着こなす

 

こんにちは! 小川屋スタッフの斎藤です。

 

「夏まっさかり」な日が続いていますが、8月後半になると夕暮れが早くなってきて、少しずつ秋が近づいているのも感じます。

 

最近、オンライン美術館めぐりを楽しんでいたら、「ピアノ」という大正期の日本画(1926年・中村大三郎・京都市京セラ美術館蔵)に、赤い振袖の女性が描かれているのを見つけました。グランドピアノを弾く令嬢が着ている振袖は、肩から腰にかけて無地の赤色で、裾がクリーム色に染められています。振袖の赤とピアノの黒のコントラストがとても美しい絵です。クリーム地の帯には、青やオレンジ、緑色など極彩色の羽を持つ大きな鳳凰が描かれているように見えます。現代の成人式の振袖とは感じが違いますが、シンプルで上品な赤い振袖の着こなしが素敵だなと思いました。

 

さて、今回のテーマは「赤い振袖のおしゃれな着こなし」についてです。定番カラーの赤の振袖は、赤の色味や柄の雰囲気に合わせて帯や小物を選ぶと、おしゃれにコーディネートできますよ!

 

 

 

 赤の振袖に合う帯は?

 

振袖に合わせる帯は、金糸や銀糸も使用した振袖用の袋帯です。帯を選ぶときは、最初に次のようなポイントに注目してみてください。

 

帯の地色がどんな色か:金色、銀色、クリーム色、黒、青など

帯に織り出されているのはどんな柄か:花柄、古典柄、幾何学柄など

帯に織り出された柄の大きさや、使われている色、全体の雰囲気など

 

それでは、赤の振袖にはどんな帯を選んだらよいでしょうか? 一口に「赤の振袖」といっても、赤の色味も柄の雰囲気も様々です。お好みの振袖が見つかったら、振袖の地色(赤の色味)や、振袖に描かれた柄の色、振袖全体の雰囲気に合う帯を選ぶとよいでしょう。

また、帯の柄に赤色が使われている場合は、赤の色味が振袖の地色に近いと、帯と振袖がなじみやすくなります。

 

 

帯まわりの小物づかいも重要です!

 

帯をしめるときには、帯揚げと帯締めを使います。本来は着付けに必要な小物ですが、コーディネートの要素としても重要です。小物類も、振袖や帯の色・柄・雰囲気に合わせて選びます。

 

帯揚げの色はコーディネートのアクセントになる緑色や水色、黄色、紫色などを、振袖や帯に合わせて選ぶとよいでしょう。一方、帯締めは、振袖と同じ色味の赤を採り入れると効果的です。もちろん、帯揚げの色に合わせてもいいですし、振袖の柄に使われている他の色を選ぶこともできます。

また、帯締めには丸組、平組、丸ぐけなどがあります。色だけでなく、帯締めの種類によっても雰囲気が変わります。

 

 

赤の振袖の着こなしいろいろ

 

えんじ色と金色がテーマカラーの「正統派コーデ」

 

「えんじ色」と白の染め分け地に、花や古典柄がびっしりと描かれた上品で華やかな振袖です。振袖の柄に黄色やオレンジ色が多く使われているので、金色地の帯がよくなじみます。帯に織り出された可憐な花が、振袖の雰囲気によく溶け込んでいます。また、帯の花柄の縁取りは振袖と同じ「えんじ色」で、これも帯と振袖の相性を良くするポイントになっています。

帯揚げ・帯締めには、アクセントカラーとして、抹茶色を採り入れています。

コーディネートのテーマカラーともいえる「金色」の市松模様の半襟もおしゃれです。

 

クールな印象の振袖に黒地の帯で大人っぽく

 

暗色がかった鮮やかな赤色地に、御所車や古典柄が描かれたクールな印象の振袖です。振袖に黒が効果的に使われているため、黒地の帯がよく合います。振袖の柄は裾近くの菱つなぎ模様も特徴的です。これに、亀甲模様の帯を合わせることで、直線を生かした大人っぽいコーディネートになっています。

帯揚げには若草色を選び、振袖のクラシカルな雰囲気によくなじんでいます。帯締めは、振袖の地色と同じ暗赤色地に黒のラインが入ったものです。丸組ではなく平組の帯締めを使用しているのも、直線を生かしたコーディネートによく調和しています。

 

赤の振袖×青の帯でレトロモダンなコーデに

 

やや青みがかった赤色地に、パステルカラーの大きな花が印象的な振袖です。青色地の帯を合わせることで、レトロモダン調のおしゃれなコーディネートになっています。帯に織り出された大きな八重咲きの花が、振袖の花柄にぴったり合っています。

帯の地色と同じ青の重ね襟を入れ、帯揚げ・帯締めにもブルー系を採り入れているので、コーディネート全体の調和がとれています。水色地に白い花が描かれた現代的な印象の帯揚げも、レトロモダンなコーディネートによく合っています。

 

 

いかがでしたか? 赤の振袖は、一定の人気を誇る「定番カラー」ですが、コーディネート次第でずいぶん印象が変わります。ぜひ、帯や小物づかいにこだわったおしゃれコーデに挑戦してみてくださいね!

 

関連記事 ぜひこちらもお読みください

>>2020.03.03 人気の振袖の色は? 小川屋の2020年成人式【赤い振袖】

 

 

振袖選びや成人式前撮りは、ぜひ《小川屋》にご相談ください。

小川屋ではウェブフォームでの「ご来店予約」を受け付けております。

24時間お申し込み可能です。

現在、お時間を3枠に限定し、お客様が重ならないようにしております。どうぞご協力のほどお願いいたします。

 

小川屋で振袖を見る

 

 

—————————

群馬県前橋市にある老舗の着物・振袖専門店「小川屋」は、

前橋市、高崎市、伊勢崎市、渋川市、玉村町から毎年たくさんのお客様に振袖選びにお越しいただいております。

創業からまる145年。成人式の振袖や前撮り撮影のお手伝いを通じて、ご家族の皆様の幸せな瞬間に立ち会うことができるのがスタッフ一同の喜びです。

—————————

関連記事