振袖情報

  1. HOME
  2. 振袖情報
  3. 群馬県前橋市・高崎市で高級振袖をお探しの方へ

2022年1月5日



群馬県前橋市・高崎市で高級振袖をお探しの方へ

あけましておめでとうございます! 群馬県前橋市にある振袖専門店・小川屋スタッフの斎藤です。

今年は寒い寒いお正月となりましたが、2022年成人式までいよいよカウントダウンが始まりました。小川屋でも、例年と変わらず、多くの新成人の振袖をお仕度させていただく予定となっております!

さて、今回の小川屋振袖ブログは、新年のスタートにふさわしい「あこがれの高級振袖」をテーマにお伝えいたします。

いわゆる「高級振袖」っていったい何が違うの?という疑問にお答えします。

振袖の値段は何で決まる?

ひと昔前までは、振袖といえば100万円越えは当たり前で、それより値段の高い振袖はあっても、低くなることは考えられませんでした。

現代の振袖市場では、新品の振袖でも数万円という驚くほど低価格の物もあります。一般的な振袖価格の相場は20万~40万円ぐらいになっているようですが、50万~100万円、またはそれ以上の価格となる「高級振袖」もたくさんあります。

振袖の価格(振袖のみ)は主に以下の要素で決まります。

・生地の品質

振袖の生地には、正絹(シルク100%)またはポリエステルが使用されています。低価格の振袖のほとんどはポリエステル素材です。発色が良い・取り扱いが簡単などのメリットもありますが、やはり質感や着心地などは正絹に遠く及びません。

一定以上の価格の振袖は正絹生地で作られています。とりわけ、高級振袖に使用される正絹生地は、絹糸の打ち込み数が多く密度が高いため、ずっしりと高級感がありお値段も高くなります。

 

・生地の染め方

価格が抑えられた振袖は、インクジェットプリントで染色しているものが多くなっています。

一方、「型染め」や「友禅染め」などの伝統的な技法で染められた振袖は、手間がかかる分お値段が高くなりますが、一枚一枚に職人さんや作家さんの手仕事のぬくもりが感じられます。

・加工技術

絞り染め、友禅染め、金彩、刺繍など、特に高度な技術と手間が必要とされる技法を使った振袖は、加工が多くなるほどお値段が高くなります。

・ブランド振袖・作家物の振袖

貴重な伝統技法を扱える職人さんは年々少なくなっていますが、有名産地には伝統を守り続ける「着物トップメーカー」が存在します。

トップメーカーが手掛けるブランド振袖は、生地の品質はもちろん、デザイン性、染色・加工技術などどれをとっても間違いのない振袖といえます。

 

高級振袖ブランド

小川屋でお取り扱いのある「高級ブランド振袖」や「作家物振袖」をご紹介いたします!

京友禅の「千總(ちそう)」

「京友禅」の振袖の中でも、間違いなくトップブランドと言えるのが「千總」の振袖です。全国の有名百貨店で取り扱われている代表的な「プレミアム振袖」です。

千總は創業から460年以上という京都の老舗です。千總の振袖は、生地・デザイン・染色加工技術のすべてが最高品質です。

現在、日本で作られている正絹生地のほとんどは輸入物の絹糸を使っていますが、千總は蚕から国内で一括生産した白生地を使用しています。

千總の振袖は優美な古典柄をモチーフとしており、京友禅らしい「はんなり」としたデザインには、千總ならではの独創性と斬新さが感じられます。

絞り染めや、金彩、刺繍などの加工技術を使った豪華さも京友禅振袖の特徴です。千總の振袖にも、京都の職人さんたちの高度な技術がふんだんに使用されています。

小川屋でも千總の振袖を取り扱っておりますので、ぜひお店に見に来てくださいね!

十日町友禅の「吉澤織物」

新潟県の十日町は、全国有数の友禅染めの産地です。「吉澤織物」は十日町友禅のトップメーカーとして有名です。

吉澤織物の強みは、江戸時代から続く織物業を元にした、「織りから染めまで」の一括生産です。

吉澤織物は、昭和30年代以降に「友禅染め」に参入したメーカーですが、鮮やかな発色と華やかなデザインの振袖が高い人気を誇ります。

「吉田蓑助」「吾妻徳穂」「田中優子」など、日本の伝統文化・伝統衣装に造詣の深い著名人の名を冠した「振袖ブランド」を数多く立ち上げているのも、吉澤織物の特徴です。それぞれの振袖ブランドごとに独特の世界感があって、どれも高級感のある振袖ばかりです。

小川屋コレクションにも吉澤織物の振袖を多数掲載しておりますので、ぜひチェックしてみてください!

吉澤織物の振袖コレクションはこちら

本加賀友禅の振袖

京友禅に続く歴史を持つのが「加賀友禅」です。

加賀友禅は、日本画のような写実的なデザインを特徴とし、葉っぱには虫食いを描くほどです。また、商人文化らしいゴージャスな京友禅に対して、加賀友禅は「武家好み」で落ち着いた雰囲気です。そのため、加賀友禅には一般的に金彩色や金刺繍は用いられません。

「作家物」が中心であることも加賀友禅の特徴です。師の元で5年以上修行して技術を習得した技術者のみが、「加賀染振興協会」に落款を登録し「加賀友禅作家」を名乗ることが許されます。こうした徹底した品質管理も加賀友禅の価値を高めている理由の一つです。

小川屋でも、本加賀友禅の「作家物」逸品振袖を取り扱っております。友禅染めのみで表現される繊細な意匠美は、息を飲む美しさです。小川屋の振袖会場にぜひ見に来てくださいね!

いかがでしたか? お嬢さまの一生に一度の晴れの日のために「高級振袖」をお探しでしたら、ぜひ一度小川屋へお越しくださいませ!

 

【関連記事】
小川屋の特選振袖
群馬で振袖のご購入をお考えならぜひ小川屋へお越しください!
購入・成人式前撮り

 

振袖選び成人式前撮りのご相談に、ぜひ《小川屋》にお気軽にご来店ください。
小川屋ではウェブフォームでの「ご来店予約」を受け付けております。
24時間お申し込み可能です。
ご予約いただいたお客様はお待たせすることなくスムーズにご案内させていただきます。

 

>>ウェブから予約する

 

*******

小川屋は創業146年。群馬県前橋市、高崎市、伊勢崎市、渋川市、玉村町から多くのお客様にお越しいただいております。

成人式の振袖・帯・和装小物のお支度や前撮り写真撮影をプロスタッフが真心込めてお手伝いいたしております。

振袖をはじめとした着物のお手入れのご相談小川屋着付け教室もございますので、どうぞお気軽にお声がけくださいませ。

*******

関連記事