振袖情報

  1. HOME
  2. 振袖情報
  3. 【長襦袢】成人式の振袖 通な楽しみ方

2020年9月20日



【長襦袢】成人式の振袖 通な楽しみ方

 

こんにちは! 小川屋スタッフの斎藤です。

 

秋らしく過ごしやすい日がだいぶ増えてきました。着物には「衣替え」がありますので、季節の変わり目は何となくワクワクします。まだまだ暑い日もあるので、小物類や帯から少しずつ「秋の装い」をとりいれるのが楽しみ!という今日この頃です。

 

さて、今回のテーマは「振袖の通な楽しみ方・長襦袢」です。長襦袢(ながじゅばん)とはどんなものか? というところから、選び方のポイントまで、知っていると振袖のトータルコーディネートがもっと楽しくなる情報をお届けします。

 

 

長襦袢は意外と見られている!

長襦袢とは?

長襦袢は、振袖など着物の下に着る「下着」にあたる着物です。下着とはいっても、肌着と裾除けの上に着ますので、直接肌には触れません。

 

また、振袖コーデの重要なポイントになる半襟は、長襦袢の襟に縫い付けて使用します。半襟のおしゃれについては、過去の記事でご紹介しておりますので、ぜひご参照ください。

 

 

長襦袢の丈は、振袖など上に着る着物よりも短く仕立てられており、「おはしょり」をせずに着付けます。上に着る着物(振袖)の土台となるため、長襦袢の着付けはとても重要です。

小川屋では、経験豊富なスタッフが肌着や長襦袢からしっかりと着付けをいたしますので、安心しておまかせください。

 

 

長襦袢は外から見えるの?

ぱっと見たところでは、振袖の下に隠れて、外からはわからないように思える「長襦袢」ですが、実は意外と見られています!

 

長襦袢が見えるポイントは袖です。着物の袖は、手を出す「袖口」が23cmぐらい開いています。写真などではわかりにくいですが、手を動かすと、袖口から中の長襦袢がちらりと見えます。

 

 

さらに、袖口と反対側は「振り」といって、着物に縫い付けられた「袖付け」から袖下までは開いた状態になっています。

着物を着た自然な姿勢の後ろ姿では、中に着ている長襦袢が「振り」から見えるのです。特に、振袖は袖丈が長く「振り」も大きく開いているので、長襦袢が意外と目立ちます。

 

 

長襦袢の選び方

長襦袢の素材は?

ポリエステル素材などの長襦袢もありますが、正絹の振袖にはやはり正絹の長襦袢をおすすめします。

正絹の長襦袢は着物に添いやすいため着姿が美しくなるうえに、「裾さばきが良い」、「静電気が起きにくい」といった実用的なメリットもあります。なお、同じ正絹でも、長襦袢に使用される糸は、振袖などの着物に使用される糸よりも細く、長襦袢はより薄手で柔らかい生地になっています。

正絹の長襦袢に袖を通すと、すべすべとした絹の肌ざわりがとても心地よく感じられます。

 

長襦袢のサイズ

長襦袢のサイズは、身長や身幅など体格に合わせるのはもちろん、振袖に合ったサイズであることが重要です。

通常、長襦袢は、上に着る着物(振袖)の寸法を基準にして仕立てられます。振袖にぴったり合ったサイズでないと、長襦袢が袖口からはみ出したり、「振り」から飛び出したりしてしまいます。

振袖をレンタルまたはご購入される場合は、振袖と長襦袢のサイズがぴったり合ったセットとして仕立てますので、ご心配には及びません。

お手持ちの振袖や長襦袢を着用される場合には、互いのサイズが合っているかどうか事前に確認しておくとよいでしょう。ご心配な場合は、担当スタッフに気軽にご相談ください。

 

長襦袢の色柄は?

 

振袖は未婚女性の第一礼装ですので、振袖用の長襦袢は、礼装にふさわしい上品で優しい色柄を選ぶのが一般的です。

振袖の色味やお好みに合わせて、白や薄いピンク系、ブルー系、グリーン系、イエロー系、パープル系などから選ぶことができます。「袖口」と「振り」にあたる部分だけがやや濃い色に染められている物もあります。振袖の色柄やデザインによっては、赤などのカラー襦袢を選んでも良いかもしれません。

また、花鳥柄や吉祥柄、古典文様などの地紋が入ったものや、絞り模様が入ったものなどもあります。

 

 

小川屋で振袖をレンタルまたは購入される場合

 

レンタルの場合

 

小川屋で振袖一式をレンタルされる場合、長襦袢は薄桃色のものをご用意しております。薄桃色の長襦袢は、どんな振袖にも合わせやすく、上品な女性らしさで長襦袢の王道カラーと言えます。

薄桃色以外の長襦袢をご希望される場合には、差額が発生しますが、他のお色味からもお選びいただけます。

 

 

ご購入の場合

 

小川屋で振袖をご購入される場合は、反物によってそれぞれお値段が異なりますが、お好みの長襦袢をお選びいただけます。

長襦袢の選び方についてご不明な点がございましたら、担当スタッフに何なりとご相談ください。

 

 

いかがでしたか? 長襦袢の素材や寸法、色柄に気を配ることで、振袖姿はより一層美しくなります。

また、一見目立たない部分のおしゃれが、着物の「通な楽しみ方」でもあります。一生の思い出に残る成人式の振袖は、ぜひ長襦袢にもこだわってみてくださいね!

 

 

 

+++++

成人式の振袖選びは、群馬県前橋市の小川屋にお気軽にご相談ください。

ご来店の際には、ウェブフォームから「ご来店予約」をいただくとスムーズです。

24時間受付しておりますので、ご都合の良いときにお申し込みください。

 

振袖の相談ご予約はこちら

 

 

★小川屋は店内が広いため、充分なソーシャルディスタンスを保って振袖をご覧いただけます。

ご予約されていない場合でも、お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄りください。

 

 

□□■□□■□□■□□■□□■□□■

創業145年 老舗の着物・振袖専門店「小川屋」は、

前橋市、高崎市、伊勢崎市、渋川市、玉村町からたくさんのお客様にお越しいただいております。

成人式の振袖や前撮り撮影の実績多数。

着物の素晴らしさ、日本の伝統文化をお伝えすることを使命として

これからも皆様に楽しんでいただける店づくりをしてまいります。

□□■□□■□□■□□■□□■□□■

 

関連記事