振袖情報

  1. HOME
  2. 振袖情報
  3. 人気の振袖の色は? 小川屋の2020年成人式【赤い振袖】

2020年3月3日



人気の振袖の色は? 小川屋の2020年成人式【赤い振袖】

 

 

2020年、今年の成人式ではどんな色の振袖が人気だったか気になるのですが、どうでしたか?」というご質問をお客様からいただきました。今一体どんな流行があり、どんな傾向があるのか、気になる方も多いと思います。

そこで今回は、振袖の「色」についてお伝えいたします。

 

 

振袖でやっぱり人気の「赤」

 

こんにちは。

群馬県前橋市の振袖専門店 小川屋スタッフの佐藤です!

 

まず振袖を選ぶときに、一番最初に気になるのが「色」という方も多いのではないでしょうか?

 

小川屋では、常時800枚前後の振袖を取り揃えているので、色の種類に関してはほぼまんべんなく網羅したラインナップとなっております。あらかじめ振袖のご希望の色がある場合、例えば同じ「赤」だとしても明るくて彩度の高い赤や、渋めの赤など、数種類ご覧いただくことができますので、最初は漠然としたイメージだけでも大丈夫です! たまにお客様から色のトーンまでピンポイントでご指定いただくこともあるのですが、そういったご要望もぜひご遠慮なくお知らせいただければと思います。

 

今年小川屋で成人式のお手伝いをさせていただいたお客様の振袖の色を振り返ってみると、そうですね、やはり毎年「赤い振袖」は一定数以上の支持があるように感じます。

 

・「成人式」という晴れやかなお祝いの日にふさわしい色だから

・二十歳の今しか着られない色だから

・振袖の定番の色だから……、などなど。

 

皆様それぞれのお考えや思いがあるのではないかと思います。

 

また、直感、インスピレーション、なんとなく一目見てピピっときたから! という理由ももちろんアリですよ。

 

 

 「日本の伝統色」はご存じですか?

 

色の名前には、呼び方が色々ありますが、とりわけ日本語で、漢字で表された色名って雰囲気があって良いなあと個人的に前々から思っていました。

 

私の好きな本で『色々な色』(近江源太郎:監修、光琳社出版)という、写真集のような事典のような本があるのですが、そこで紹介されている赤色の種類で、「日本の伝統色」に当たる赤系の色をいくつかご紹介いたします。

 

 

「深緋(こきひ)」

深い緋と書いて「こきひ」と読むこの色は、深みも感じられる鮮やかな赤です。

「深」という字がつかない「緋色(ひいろ)」は、もとは「緋(あけ)」といって明るさを意味する「あか」と同じ意味を持っていたそうです。それから「火」に通じて「火色(ひいろ)」とも書くそうで、「火」と「思ひ」の「ひ」にかけて「思ひの色」とも呼ばれるのだとか。たしかに「情熱」という言葉がぴったりな色ですね。

 

 

「紅(くれない)」

この「紅(くれない)」という色も鮮やかな赤ですが、「深緋(こきひ)」と比べると少し紫がかっているというか少しだけピンク寄りの感じです。口紅やほお紅の「紅」という字ですが、植物の染料「ベニバナ」からきています。ベニバナは西アジア原産の最も古い染料の一つで、日本には67世紀頃に中国から伝わったそうです。『古今和歌集』では、秘めた思いを表す言葉として歌に詠まれています。

 

 

「茜色(あかねいろ)」

先にご紹介した2つの色と比べて一番落ち着いた赤になります。「アカネ」という植物で染められた色を指し、その本当に真っ赤な「赤い根」から「アカネ」という名がつけられたそうです。和歌では「茜さす」は、赤い色がさして、美しく照り輝く意味から「日、照る、紫」にかかる枕詞です。

 

 

日本語の響き、漢字の持つ印象、意味によって、色の印象や感じ方にも微妙なニュアンスが含まれて面白いですよね。染色の歴史も感じる色名。これだけではなくもっとたくさんあるのですが、ご興味のある方はぜひ調べてみてくださいね。

 

 

振袖の場合は、こういった赤の地色に対して多くの色使いで柄が描かれています。

 

その柄の色の配色によってもまた見える印象は変わってきますし、さらに、帯や重ね襟、帯揚、帯締めといった小物の色合わせによってもイメージは違ってきます。

 

赤い振袖を選ぶお嬢様が何人もいらっしゃるとはいえ、まったく同じ柄、同じコーディネートになることはなく、個性が出る装いができます!

 

お好きな「赤い振袖」を、お嬢様らしく着こなす楽しみ。とってもすてきだと思います。

 

 

 

振袖選びや成人式前撮りのご相談に、ぜひ《小川屋》にお気軽にご来店ください。

小川屋ではウェブフォームでの「ご来店予約」を受け付けております。

24時間お申し込み可能です。

ご予約いただいたお客様はお待たせすることなくスムーズにご案内させていただきます。

>>ウェブから予約する

 

 

*******

小川屋は創業145年。群馬県前橋市、高崎市、伊勢崎市、渋川市、玉村町から多くのお客様にお越しいただいております。

成人式の振袖・帯・和装小物のお支度や前撮り写真撮影をプロスタッフが真心込めてお手伝いいたしております。

振袖をはじめとした着物のお手入れのご相談、小川屋着付け教室もございますので、どうぞお気軽にお声がけくださいませ。

*******

関連記事