五代目ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 明日から!

2021年5月20日



明日から!

 

こんばんは。前橋中央通り商店街にあります

 

晴れの日きもの専門店小川屋の五代目です!

 

今日もスッキリとしないお天気でしたね。。。

 

このまま梅雨入りしてしまうのでしょうか?

 

早く梅雨入りしたら、早く明けるんですかね。。

 

さて、そんな今日ですが、明日からの展示会に向けて

 

2階、3階の全てを使って売場設営をしました!

 

今回の展示会は、秋冬の新作を発表する場としまして

 

「華裳苑」という30年以上続いております

 

小川屋の名物展示会なのであります!!

 

そして華裳苑では、こちらも名物になりつつあります

 

日本舞踊岩井流宗家の家元であります岩井友見さんを

 

今回もお招きしましての開催をいたします!!

 

家元自ら、きもの産地へ足を運び、色々な作家さん、

 

織元とタッグを組んでものづくりをされています。

 

 

わたくし自身、家元のものづくりに対する姿勢に

 

同じ熱い想いを感じ、華裳苑に来ていただきました。

 

家元にお会いすると、素晴らしいお人柄を感じます。

 

細やかな気配りしながら、よく動くのです。

 

こちらが恐縮してしまうレベルです(笑)

 

お客様もあのお人柄を感じていただきたいですね!

 

わたくしが組合で編集長を任されております、

 

きもの情報誌「るると」の今年の春号で

 

家元の特集をさせていただきました。

 

なんとも職権乱用を疑われそうですね(笑)

 

ただ、改めて家元の伝統芸能や伝統工芸に対する

 

純粋な熱い想いと覚悟を感じましたし、

 

ますます尊敬の念が深まる事となりました!

 

伝統ある「華裳苑」に相応しい家元の企画なんですが

 

これだけで終わらないのが小川屋でございます!!

 

染と織の新作、東レのシルック、宝飾品と

 

秋冬の新作コレクションが満載です!!

 

もちろん、この夏用のアイテムも取り揃えております!

 

家元と並び、今回のもう一つの特集は「絞り」です!

 

400年以上の歴史を持つ有松絞りの開祖であります

 

竹田庄九郎が創業しました竹田嘉兵衛商店さんより

 

沢山の有松絞りを出品していただきました!!

 

 

有松というのは地域の名前であり、有松絞りは総称です。

 

絞りの技法は、このように沢山あります!!

 

その中でも最高峰といわれる「本疋田絞り」は

 

通常の鹿の子絞りが四ツ巻きですが、

 

絹糸で8回巻く、物凄い細かい手仕事なんです。。。

 

 

接写をしましたが、伝わらないのです。。。

 

ちなみに一反を絞るのに、3年以上かかるそうです。。

 

 

竹田嘉兵衛さんのお宝であります、本疋田絞りの打掛。

 

地は本藍染で染められたこの逸品、非売品です。。。

 

本疋田の藍染は、わたくしも初めて見ました。。。

 

家元が来場されるだけでも凄い展示会なのですが、

 

その他に出品内容と凄い物ばかりです!!

 

この伝統美は、心を豊かにしてくれますし、

 

コロナ禍のストレスを和らげ、ホッする気持ちが

 

免疫力を高めてくれる事、間違いありません!!

 

明日からの四日間の開催となります!!

 

感染症対策の為、来店予約をお願いしております。

 

WEBからは24時間受付をしております。

 

下記より↓ご予約をお願い致します!!

 

https://kimono-ogawaya.co.jp/reserve/

 

直前でのご予約はお電話にてお願い致します。

 

お手数ですが、何とぞ宜しくお願い申し上げます。

 

沢山のご来店、心よりお待ちしております!!

関連記事