五代目ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. こだわりPart3 振袖の袋帯

2021年5月30日



こだわりPart3 振袖の袋帯

 

こんばんは。五代目です!!

 

昨日よりは暑さは落ち着きましたが、

 

そうはいってもまだ5月ですので暑い一日でした。。

 

そんな今日も、七五三、成人式の前撮りのお客様、

 

成人式の振袖のお客様と沢山のご来店をいただきました!

 

本日も誠にありがとうございました!!

 

振袖にお袖を通す会を開催しておりますが

 

感染症対策で3階を振袖のみの展示をしてます。

 

3階も200畳以上ある広ーい売場ですので

 

密にならずに、ゆっくりとご覧いただけます!

 

そんな広ーい売場には、職人による手仕事で染められた

 

逸品の振袖にはじまり、生地や、加工など品質に

 

こだわって仕入をした振袖が揃っております!

 

その振袖に合わせる袋帯も沢山揃っております!

 

袋帯は、コーディネートにおいて最も重要であり

 

良い帯は、着物を引き立たせ、品格を上げてくれます!

 

なので、織りの技法だけでなく、柄の格調や色彩が

 

仕入にはとても重要なポイントなのです!!

 

という事で、昨日に続きまして袋帯をご紹介します!!

 

 

となみ織物さん

 

まずは、となみ織物さんの袋帯になります!

 

となみさんは、フォーマル、カジュアル、単衣、夏物など

 

色々な技法で様々なシーンに合う帯を製作しています。

 

また、伊藤若冲、神坂雪佳など美術品を織りで表現した

 

袋帯を織っている機屋さんとしても有名です!

 

 

そんな、となみ織物さんの振袖用袋帯です!

 

古くは貴族しか使えない格式高い吉祥文様である亀甲に

 

松竹梅を重ねた縁起の良いお柄となっております!

 

 

黒地は振袖によっては強くキツめになりがちですが

 

こちらは柄の挿し色とのバランスも良いので、

 

柔らかい色目にも合わせやすいのです!

 

変わり結びで後ろ姿をとても華やかにしてくれます!

 

 

西陣まいづるさん

 

続きまして、西陣まいづるさんの袋帯です!

 

まいづるさんは、西陣織工業組合の理事長を務めており

 

西陣でも最も有名な機屋さんの一つですね!

 

まいづるさんも螺鈿、ゴブラン織など様々な技法、

 

幅広いシーンに合わせたモノづくりをしています!

 

 

こちらは、とある問屋さんの展示会にて

 

小川屋にも何度も来ていただいている

 

まいづるさんの専務さんから押し売りされました(笑)

 

いや、ちゃんと気に入って仕入ました!

 

 

笹重ね宝尽くし文様というタイトルなんですが、

 

竹と同様におめでたい柄として古来より用いられた笹に

 

宝尽くしの文様が細かく織られています。

 

格がありながらも、色合いは優しいので

 

コーディネートが品良くまとまります!

 

となみさん、まいづるさんの袋帯に関しては

 

ママ振袖などに合わせる事がとても多いです!

 

 

シンプル袋帯

 

そして、最後になりますが

 

最近、振袖のトレンドになっておりますスッキリ柄。

 

袋帯にもスッキリタイプが多くなってきました!

 

 

左上のクロコダイル柄も白一色だったり、

 

墨黒、白✕銀、白黑✕金、など今までの袋帯とは違い

 

柄ではなく挿し色を使わないスッキリタイプです!

 

また右下のはレースの袋帯も登場しました!

 

このように、本当に様々なコーディネートの提案が

 

お嬢様のお好みに合わせて出来る様に

 

沢山のタイプを取り揃えております!!

 

最近では、ママ振袖というお客様も増えましたので、

 

現代風のコーディネートをしたいという要望にも

 

しっかりと応えられる様に万全になっております!

 

最近の袋帯は以前より長く織られているので

 

帯結びのパターンがとても増えてきています。

 

ママ振袖の場合には、そういった事も含めまして

 

お客様にご提案をさせていただいております!

 

二日間、振袖の袋帯をご紹介しましたが、

 

ご紹介しきれない袋帯は山ほどございます!!

 

これからも色々とご紹介をしてまいります!

 

お袖を通す会は、来月6日までの開催となります。

 

ご来店の際は、下記より↓来店予約をお願い致します。

 

ご予約はこちらから

 

営業時間中はお電話でも来店予約を受付おります!

 

明日も沢山のご来店、心よりお待ちしております!

関連記事