小川屋ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 我が故郷

2020年1月30日



我が故郷

 

こんばんは。五代目です!!

 

今日は、朝から東京は八王子へと出張です!

 

今年はオリンピックイヤー!世界から注目される東京の

 

伝統工芸品の一つであります、長板中型染の工房へと

 

きもの情報誌の取材に行ってまいりました!

 

長板中型染は江戸小紋よりも紋様が少し大きくて

 

型紙を用いて両面に糊を置いてから染める浴衣地です。

 

長板中型染は現在二軒しかありません。。

 

そのうちの一軒が八王子にありました!

 

存在は知っていたのですが、我が故郷にこんなに

 

素晴らしい染物店があるとは知りませんでした。。

 

 

創業から200年を越える野口染物店さんです!

 

江戸時代の創業時は江戸小紋の染屋さんと同じく

 

お殿様の裃を染めていたそうです!

 

 

代々、大切にしている型紙を見せてくれました!!

 

国宝級の素晴らしい型紙です。。。

 

そんなお宝以上とも言える、江戸時代から代々伝わる

 

素晴らしい技を存分に見せてくれました!

 

 

浴衣なので綿の生地がメインです。

 

均一の幅に整理し糊付けした生地に型紙を置き

 

もち米と糠で作られた糊を丁寧ながらリズミカルに

 

ササっと柄付けしていきます。

 

型を送るのもとても素早いのに全くズレません。。。

 

そして、天日干しで糊を乾かしていきます。

 

 

糊で柄付けされた反物を藍瓶にて付け染めします。

 

空気に触れると緑色からどんどん藍色へ変化します!

 

藍瓶と反物に語りかけるように染め具合を確認し

 

その反物に合った藍瓶へとうつし、再度染めます。

 

その染めている姿が何とも優雅で優しいのです。

 

そして、染め上がった反物を水に付け糊を落とします。

 

 

そして、糊を落とした反物をまた天日干しです!

 

ちゃんと両面に柄付けされているのが分かります!

 

卓越した素晴らしい技術、飾らず謙虚な人柄、

 

我が故郷がまた好きになってしまいました!!

 

この素晴らしい商品も春にはご紹介出来ると思います!

 

その後は、日本橋へと移動して決算セールを含めた

 

商品の仕込みをして、その後はすぐに東十条に移動、

 

決算セールの来場記念品の用意をしてきました!

 

実は、朝イチに八王子に行く前に神田明神に立ち寄り

 

商売繁盛を祈願してまいりました!

 

 

結婚式を挙げて以来、毎年欠かさず参拝しています!

 

神田明神に、八王子、そして日本橋と

 

わたくしのゆかりのある場所ばかりを周り

 

とても中身の濃い1日となりました!!

 

早いもので明日で、1月は最後となります!

 

終わりよければ全て良し!最後の1日をしっかりと

 

全力で頑張ってまいります!!

 

明日も沢山のご来店、心よりお待ちしております!

関連記事